猫を愛したら地獄に行くだろう、と正教会の司祭は語った

最近では、ルーマニア正教会の教皇(BOR - または - マヌイリ・ネアムルイ研究所)は、ソーシャル ネットワーク上で非常に話題になったかなりデリケートなトピックに触れました。正教教皇様、 Matei Vulcănescu、ソーシャルネットワーク(つまり、誰にも責任を問われることなく、自由に嘘をついたり操作したりできる場所)に、猫を愛したら地獄に落ちるだろうというメッセージが投稿されました。

「犬猫崇拝者は天国を受け継げない!誰が動物を家の中で飼っていて、(原文どおり!)キリストがそのために死んでくれた人々よりも動物の方が優れていると主張する人々の代わりに動物を置いているのでしょう!それをアナテマにしましょう!

「猫かキリストか!天の国と猫もだめだ!猫を諦めない者は地獄に落ちる!動物が人間に代わってやって来ました!ペットは私たちの神様です!」

Matei Vulcănescu

残念ながら、このように考えるのは彼だけではありません。ペットを愛するということは、人や神を愛する力がないことを意味するという考えを、一般の人たち、ビジネスマンや著名人からも聞いたことがあります。

猫を愛したら地獄に行くだろう、と正教会の司祭は語った

私たちはかなり自由な世界に住んでおり、ポップスのような意見形成者でない限り、誰もが自分の意見を表明することが許可されています。文化や宗教によっては、人間と動物の関係について異なる概念があり、これらの相互作用に異なる価値観が割り当てられている場合があります。ペットは大きな注目や愛情を受けるべきではない、またはペットは単なる用途や資源として見るべきではないと感じる人もいるかもしれません。

Matei Vulcănescu 彼は自分が所属する教会の歴史や、キリスト教が数世紀の間にあらゆる大陸で人道と文化に対してどれほど多くの犯罪を生み出してきたかをよく知っていると思います。キリスト教を操作し、征服し、根絶することを目的として、現地の文化に合わせて聖書がさまざまな形をとったキリスト教の拡大。すべては神の名の下に。世紀のどこかに現れた「ロード」。私は、猫が飼いならされ、多くの文化で神聖視されるようになってから数千年が経過しました。

「猫かキリストか!天の国と猫もだめだ!」あるいは、猫や子犬、その他の生き物を愛したら地獄に落ちるという考えは、教皇氏が「善良なクリスチャン」であることを示している。上で述べたように、すべての大陸で何世紀にもわたって数多くの犯罪を犯してきた異端審問制度(カトリックの聖なる異端審問)や異端(正統派への残忍な服従形態)をいつでも復活させることができるキリスト教徒。

でも、これだよ ウェブページ 猫専用なので、猫にふさわしい配慮を与えてあげましょう。

猫を愛したら地獄に行くだろう、と正教会の司祭は語った
猫と神様

天国のポパよりも、地獄の猫のほうがいい」と、アクセス不能になる前にポープ氏のFacebookページにユーザーがコメントした。

そして、あなたが宗教的な人であれば、「神が創造したものを人は軽蔑すべきではなく、愛すべきである」という方が人間的です。

Iubesc toate animalele, însă nu-mi pot ascunde slăbiciunea pentru pisici. PISICILE.ro este un proiect de suflet pe care vreau să împart experientele mele cu alți iubitori de feline. Nu sunt medic veterinar, așadar, articolele mele nu reprezintă un punct de vedere specializat.

3 』への思い猫を愛したら地獄に行くだろう、と正教会の司祭は語った」

  1. Καλησπέρα σας. Χριστός Ανέστη.
    Πολύ ενδιαφέρον θέμα αυτό με την γάτα.

    Ο άνθρωπος σαν οντότητα πάντοτε σύμφωνα με την ορθόδοξη διδασκαλία, οφείλει πρώτα να αγαπά κι να λατρεύει τον Θεό. Τα ζώα τα αγαπάμε από το περίσσευμα της αγάπης μας κι όχι από την πρώτη αγάπη.

    Δεν είναι κακό να έχουμε κατοικίδια στο σπίτι, ούτε να έχουμε ζώα στο στάβλο μας για τις ανάγκες μας , γάλα, κρέας, τρίχωμα, δέρμα κι ο,τι άλλο μπορεί να δώσει ένα ζώο που επιτρέπεται για βρώση.

    Όταν όμως ο άνθρωπος αγαπά τα ζώα περισσότερο από τον Θεό, πέφτει σιγά σιγά σε ζώολατρεια,κι φυσικά σε ειδωλολατρεία,κι αυτό ΝΑΙ είναι μεγάλη αμαρτία.

    Κι εφόσον ο καθένας από μας θέλει να ζεί με αυτό τον τρόπο κι με αυτή την προτεραιότητα, τότε έχει δίκιο ο Ρουμάνος παπάς ότι όντως υπάρχει κίνδυνος να κολαστει ο καθένας μας,κι ας μην είμαστε φονιάδες κι παλιοτόμαρα.

    Πρώτη θέση στη ζωή μας έχει ο Θεός,ο κύριος μας Ιησούς Χριστός κι μετά ο συνάνθρωπος μας κι μετά ο,τι περισσεύει στα ζώα.
    Δεν σημαίνει ότι τα κακομεταχειριζομαστε ούτε τα καταδυναστευουμε, απλά τα φροντίζουμε με μια απλότητα.
    Τίποτα περισσότερο.

    Τώρα εσύ μπορεί να μην πιστεύεις καν ότι υπάρχει κόλαση κι παράδεισος κι να τα θεωρείς πράσινα άλογα κι φανταστικές ουτοπίες. Εγώ δεν στα λέω αυτά για να σε πείσω, ούτε για να σου κάνω πλύση εγκεφάλου.
    Όμως αυτή είναι η αλήθεια που έχει αποδειχθεί.

    Ψάξε, αναζήτησε όπως ψάχνεις κι αναζητάς ένα καλό κι ωραίο ρούχο, κινητό, αυτοκίνητο, γυναίκα κλπ.

    返事
    • Γεια σου, Αριστοτέλη!

      Σέβομαι την άποψή σου και έχω ακούσει ξανά γι’ αυτή την πεποίθηση, ότι πρέπει πρώτα να αγαπήσεις τον Θεό και μετά τα άλλα ζώα. Δεν επιθυμώ να μπω σε διαμάχη γιατί είναι ένα θέμα αρκετά πυκνό για συζήτηση. Σέβομαι το θρήσκευμά σου, αλλά για μένα δεν υπάρχει Θεός με τον τρόπο που πιστεύουν οι χριστιανοί. Ας μην ξεχνάμε όμως ότι οι μεγαλύτερες εγκληματικές πράξεις της ιστορίας και οι μεγαλύτερες ληστείες έγιναν από τις καθολικές και ορθόδοξες εκκλησίες εξ ονόματος του “Κυρίου”.

      Καλά να περνάς! Ειρήνη και ηρεμία!

      返事

コメントを残す